FC2ブログ

君津市議会議員 すなが和良 アルパカ日記。

議員て実はこんな事してるんだぁー 、と感じてください。

市政について

カテゴリ:市政について の記事一覧

君津市の家計簿チェック。

3月26日に行われた、はじめての財政学習講座(八重原公民館)の議事録が市のホームページに掲載されていました。

「君津市の家計簿チェック~あなたもできる財政分析のポイント~」
講師:大塚 成男 教授(千葉大学大学院人文社会科学研究科)
以下に議事録から一部抜粋します。

そして、実は指数が1くらいの団体が一番厳しい。1より低いところは国からお金がもらえるが1の団体は国からお金ももらえず、自力でなんとかしなければならない。
この地域で言えば袖ケ浦は少し前に財政危機宣言を出し、富津も財政が危機的状況にある。これら共通しているのは財政力指数がほぼ1であるということで、財政力指数が1あるから大丈夫とは言えない。
(抜粋終わり)

君津市のホームページから全文を読む事が出来ますのでぜひご覧ください。
財政学習講座の議事録はこちらから

そして、この大塚教授の話を聞ける機会が、5月14日にあります!
題 名 君津市の公会計から見える現状と今後について
日 時 平成27年5月14日(木)午後3時30分から午後5時まで(受付は午後3時から)
場 所 君津市立中央図書館 2階 視聴覚室
詳細はコチラ。

君津市は福祉に関する様々な予算を削り始めています。
所得制限をしたり、給付金額を減らしたり、他市より手厚かった部分を削っています。
「財政がきびしい」という事を職員はみんなわかっています。
まずは「財政危機宣言」なりを出してから手を付けるべきだと考えます。

なぜしないのか?
もししたら、清和観光交流センター(仮称)の建設も止めなければいけなくなるからです。
清和観光交流センターは建設費で市税2億円を使う予定です。
本当に必要でしょうか?

清和地区には何が必要とされているのか。
小中一貫校の整備や、スクールバス・公共交通網の整備になどにお金をかける事の方が望ましいのではないでしょうか。

大塚教授はこうも言っています。
(以下抜粋)
25年度の地方税収入は20年度に比べると26億円超減少し減少率は13.4%で、これは県内の自治体で最悪の減少率である。大元になる収入額がガクッと下がっているがこれには様々な理由があり、不景気や鉄鋼関連企業の税収、住民の高齢化(退職)によるところもある。
こういった状況のなかでどうしていくのか。
少なくとも20年度の感覚のままでお金を使うことはできない。

※今日の新聞に「広報きみつ」「議会だより」が折り込まれています。
ホームページからも読む事が出来ます。
君津市ホームページはコチラ。
スポンサーサイト



Comment (-)

財政力指数は現状を表さない。

先月、3月26日に八重原公民館で千葉大法政経学部教授、大塚成男教授の講演会がありました。
市民向けの財政の勉強会だったのですが、とってもわかりやすく多くの人に聞いてもらいたい内容でした。

まず、2014年12月16日のブログ記事を読んでいただきたいです。
12月16日の記事「商工会議所だより」
何に対する不快感?
大塚教授の話を聞き、この文章を書いた人こそいかに無知で不勉強であるかを知りました。

財政力指数は財政運営の現状を示した数字ではないのです。
その証拠に、財政破たんした夕張市の財政指数はどうだったか?
夕張市の財政力指数
財政力指数は現実の財政状況を示せない事がわかります。

では実情はどうか?
地方税収入の減少率
地方税収入の減少率が千葉県で最悪なのです。
これらの数値を見ても、君津市将来を憂い、財政危機を訴えた事が決して「商工会議所だより」で批判されるような事だとは思えません。

平成27年度予算では「ねたきり老人理容師派遣事業」や「重度身体障害者理容師派遣事業」の予算が削減されました。
削減効果は合わせて約60万円です。
60万円を生み出すために弱い立場の人の予算を削るのであれば、その前に商工会議所育成補助金1700万円を削ってほしいです。
Comment (-)

ごみ袋の有料化 つづき

予算審査特別委員会も終わり、定例会も明日の議会最終日を残すのみとなりました。

前回の記事で書いたゴミ袋の有料化議案はどうなったか?
文教民生常任委員会で議論されました。

委員会での結果は、原案は否決され、修正案が可決されました。
修正案は施行時期を半年遅らせ、施行を27年10月から28年4月に修正したものです。
私は、来年度(28年4月)から、ペットボトル・プラスチックの収集を直営から委託に変えていく方向であることを確認し、また、施工までの間に特例減免の範囲を再度検討していただくことを要望し、修正案に賛成しました。

ルールを守らない人の中にはゴミ袋を有料で買っている事で、強気になる人いるかもしれません。
ゴミ袋を買いたくなくて不法投棄する人もいるかもしれません。
有料化が定着するまでは自治会や環境美化推進員の方も苦労するでしょう。
行政には今まで以上に経費削減努力をしていって欲しいと思います。

ちなみに、委員会で可決された修正案は君津市議会で初めてです。
明日10:00~の本会議で最終的な賛否が出ます。
本会議での採決が終わるまでは決定ではありません。
Comment (-)

ゴミ袋の有料化

議会一般質問が終わりました。
傍聴に来ていただいた方、ありがとうございました。
その報告はまた後日。

次は13日の金曜日(ジェイソンが出そう)、午後2時~文教民生常任委員会で付託された議案を審議します。
特に注目なのは、議案14号のゴミ袋の有料化議案。
君津市は今まで一定量まで無料でしたが、単純従量制による有料化しようという議案です。

予想される主な争点は・・・
ごみ減量化のためか、お金のためか。
減量化のためなら袋の枚数減らすとか、容量減らすとか検討したのか。
お金のためなら市民負担を求める前に経費削減をしているのか。
自治会、環境美化推進員等への説明はしているのか。
減免特例に生活保護世帯や児童扶養手当受給世帯等が入ってないが、聞き取りをして検討したのか。

私としては、2013年3月の議会質問した時に、
君津市ではペットボトル・プラスチックの回収業務を正規職員が行っている。その人件費と車両関係費は年約8500万円。月額給与で43万円~49万円の人がその業務にあたっている事がわかりました。
私たち市民は月額43万以上で退職金も2000万円以上出るような待遇で、そのような業務をしてもらうために税金を払っている訳ではない。
民間業者で同じ仕事をしている人から見れば特権にみえる、と発言。
行政改革のテーマに載せ、民間委託も含め検討していくと副市長が答弁しました。

この行政改革を進めずに、ごみ袋の有料化を進める事は、
「高い職員人件費をゴミ袋代として市民に払わせる」
ともとれます。

近隣市同様に有料化するというならば、行政改革によるごみ処理経費削減も近隣市同様に進めるべきではないでしょうか?

参考→2014年7月27日のブログ
参考→2013年3月26日のブログ
Comment (-)

通告書を出しました。大綱2防災

前回のブログの続きです。
質問通告の大綱2 防災行政について

細目1 防災無線のデジタル化について
 平成17年に電波法が改正され、平成34年までに新たな基準に対応したものに変更しなければならないと考えるが、どのような手順で移行していくのか。

細目2 消防団の装備増強について
 現在の消防団車両の装備では、他分団の車両がどこにいるかわからず、同じ水利に集まったり、他分団区域の水利の位地が把握できないという問題がある。これらを解決するためには水利を地図上に表記したGPS内蔵のナビゲーションシステムの導入や、IP無線機の配備等が考えられるが見解をうかがう。

細目3 消防団の統合について
 少人数になりすぎて出動もままならない分団を残しておくより、統合し一定の人数を確保する事で出動可能な状態にした方が消防力の維持につながると考えるが、今後の方針をうかがう。

大綱3 医療・福祉行政については次回ご紹介します。
質問は3月10日(火)10:00~11:00、の予定です。
どなたでも見れます。市役所8階議会事務局までお越しください。

すなが和良オフィシャルサイトで動画公開中です!
過去の広報物も見る事が出来ます。
オフィシャルサイトはコチラ。
ツイッター、フェイスブックでも情報発信中です。(^^)v
Comment (-)