FC2ブログ

君津市議会議員 すなが和良 アルパカ日記。

議員て実はこんな事してるんだぁー 、と感じてください。

東日本大震災

カテゴリ:東日本大震災 の記事一覧

今日は君津市防災講演会でした。

昨日は震災をテーマにしたドラマ、「時は立ち止まらない」が放送されました。
このドラマの撮影は君津市でも行われ(君津市観光課が誘致した)、多数の市民エキストラが参加しました。
↓詳しくはこちら
きみつフィルムコミッションのページ

そして今日は君津市防災講演会が行われました。
講師は群馬大学の片田教授です。
2012年6月24日に市民有志で防災講演会を企画し、図書館の視聴覚センターにお呼びした先生です。
詳細は2012年6月19日のブログ

2012年のこの時は、市と教育委員会が一度出した後援承認を、私が代表になっているから政治活動にあたるとして後援を取り消すという事が起きました。
市議会議員が代表になっているイベントは他にもたくさんあります。
その中には寄付や協賛金をつのったり、市から補助金が出ているイベントもあります。

君津市の予算・決算を審査する議員が、補助金をもらうイベントの代表になっている事の方がよほど問題だと思います。
後援取り消しについて不服申請を出すこともできますが、この時はバタバタしてしまいそれどころではありませんでした。
それよりも市民がすばらしい話を聞く機会を広く告知できなかった事が残念でなりません。
問題提起の意味でも、もう一度不服申請を検討してみます。

まあ、とにかく片田教授の講演は素晴らしいです。
一年先まで埋まっていると言われる教授のスケジュールを抑えた職員も良くやったと言ってあげたい。
今日の防災講演会で片田教授の話を聞くのは3回目になるのですが、内容が変わっている、進化していることに驚きました。
よりわかりやすく、より最新の情報をもとに話をしていらっしゃいました。

鴨川市ではチリ津波の到達点を示す石碑より海側に多くの建物があると聞いたことがあります。
鴨川市や南房総市の方にもぜひ聞いてもらいたい内容でした。
スポンサーサイト



Comment (-)

教訓。

「さきの大震災を教訓として…」
よく聞く言葉となってしまいました。

実際はどうなのでしょうか?

皆さんも自分の自治体について、ぜひ調べてみてもらいたいです。
・避難所運営マニュアルは改訂されたか?
・ボランティアセンター運営マニュアルは改訂されたか?
おそらく改訂していない自治体がほとんどです。
亡くなった多くの方を想いながら、「教訓」という言葉重く受け止め、行動につなげて欲しいです。

14日に南三陸町を訪れたら、5月にはあった志津川病院は取り壊されていました。
「ここに病院があってその4階まで津波が来た」という話を聞くのと、実際に建物をまえにして、「この病院の4階まで津波が来た」と聞くのとでは大きく感じ方が違うと思います。

復興のスピードを落とす事はできません。
なのでまだ被災地に行ってない方は、ぜひ一度行っていただきたい。
修学旅行なども被災地を通るようなルートにしていただきたい。それこそが教育委員会の仕事です。

南三陸の海はとても穏やかできれいでした。
南三陸の海。
Comment (-)

今日は防災の日でした。

今日は防災の日で各地で避難訓練が行われました。
今もNHKの「釜石の奇跡」の特番を見ながらブログを書いています。

私は片田教授の「釜石の奇跡」の講演を聞いた事で、大きく自分自身の考え方が変わり、これからの人生も変わって行くのだろうと思いました。
事実、その後君津での講演を仲間とともに開催し、そこで多くのつながりが出来、今も続いています。
今後も一生続くであろうつながり、「絆」ができました。

遠く離れた地域に住む私たちが支援していけること…その一つが伝える事。
伝えるお手伝いをする事ではないかと思います。

教育者の方、PTAの方、自治会の方、このブログを読んでいただいている皆さん、
今、被災地では「語りべプロジェクト」として実際に被災された方が、研修会や講演会に来て伝えていただく事業が始まっています。
被災者の生の声をぜひ聞いていただきたい。
聞くことが支援になるのです。
語りべを派遣しているボランティア団体「dandeらいおん」

大槌みらい新聞というのをご存知ですか?
私の稚拙なことばで紹介するより記事を読んでいただければわかります。
大槌みらい新聞はこちらから
支援者を募集しています。記事で涙した方はぜひ。

息子、孫、ひ孫へと教訓として伝え続ける事。
それこそがこの時代に生きた私たちの使命だと思います。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。
Comment (-)

義援金を一般会計に…(-_-メ)

驚くべきニュースを見つけました。
浦安市では震災義援金を被災者に配分せず、一般会計に入れてしまったのだ!
詳細はコチラ
つまりは市の予算にしてしまったという事。
ビックリです。

まもなく9月議会が始まり、決算審査特別委員会があります。
君津市では決算審査特別委員会に全議員(24人)が出られるわけではありませんが、決算書を穴が開くほど読んでしっかりとチェックしていきたいと思います。

※君津市では公有財産をオークションにて売却しています。
ヤフオクからも見る事が出来ます。
安い!
「俺は山を持っている」と言ってみたい方にオススメです。

※県内イノシシ肉等の放射性物質の検査結果
こちら
基準値以下でした。
Comment (-)

継続するボランティア

被災した子供達に紙芝居をつうじて支援を続けている団体があります。
活動を紹介する新聞記事
Dandeらいおんというこの団体では、紙芝居のあとに子供達に配る手作りのレッスンバックを募集しています。
自宅でできる支援です!
お金を渡して買うのではなく、手作りであることに意味があります。

ぜひ皆さんの力を貸してください!
詳細はこちらから

※74人の死者•行方不明者を出した大川小学校。
わが子を失った母親8人が絵本を出しました。
印税は4人のいまだ行方不明の児童の捜索費用にあてられます。
すべての学校、授業で一度とりあげて、話しをして欲しい。
ひまわりのおか






Comment (-)