FC2ブログ

君津市議会議員 すなが和良 アルパカ日記。

議員て実はこんな事してるんだぁー 、と感じてください。

議会・議員のこと

カテゴリ:議会・議員のこと の記事一覧

木更津の市議選挙が始まりました。

おとなりの木更津市議選が始まりました。
定数を4減らして、定数24の激戦です。

君津市も木更津市を見習い定数削減をするべきだと思います。
4月3日のブログでも書きましたが、現在の定数24にしたのは12年前。
そのころから約4500人、人口が減っています。
今の定数を維持することは事実上定数を増やしているのと一緒という事になります。

木更津市の立候補者一覧。
木更津市議選立候補者

市長選に立候補して落選した石川哲久さんが市議選に立候補しています。
これはなかなかできる事ではありません。
実はものすごく志が高い事だと思います。

市を良くしようと思い市長選に出て落選、自分とは考え方の違う候補が市長になったわけです。
それでも市を良くしたいという思いが強ければ、市のチェック機関である議会議員に立候補するというのは二元代表制の仕組みから考えれば実に筋が通った事だと思います。

市長の施策をチェックするのが議員の仕事です。
4月14日の千葉日報の社説に素晴らしい記事がありましたので、以下に抜粋します。
(↓抜粋開始)
 白井市議会は、学校給食センター建て替え事業について、全面見直しを求めた陳情を認め、同事業費を削除した修正動議を可決した。八千代市議会は、市が廃止・減額方針を示した事業の一部を復活させるため、新年度当初予算案を修正可決した。また、君津市議会は指定ごみ袋を有料化する議案をめぐり「市民への十分な周知が必要」として、導入を半年間延期する修正案を可決した。こうした議決は、議会が「言論の府」として機能し市民の声に応えた結果ともいえる。

 首長はじめ執行部は民意を推察しながら施策を練り上げ、賛同・理解を得るために最善を尽くす一方、住民の代表者である議員は、責任を持って行政を監視するのは自明の理。
 行政に対し、時には議会が異を唱え助言を与えることが、よりよい施策作りや事業の新展開、税金の無駄遣い防止につながる。

 施策にさまざまな疑問を投げかけたり、自由に提言できる機会を与えられているのに、任期中、一度も本会議での質問に臨まない議員もいる。二元代表制の一翼を担っている以上、市長の意向を全面的に支持するだけの“市長与党”という言葉は、本来存在しないはずだ。会派の枠組みによる賛否が優先されがちだが、「市民の利益のために」という視点を忘れずに採決に臨むべきだ。議員は“市民与党”の立場であることを大前提に、役割を果たしてほしい。
(抜粋おわり)
社説の全文はこちらから。ちばとぴ。
スポンサーサイト



Comment (-)

県議の存在意義。

県議選が終わりました。
マスコミから批判を受ける国会議員、地元からチェックを受ける市議会議員。
それと比べると、県議というのは何となく中間で具体的な仕事が見えてこないような気がします。
国会議員や市議会議員に対する定数削減の声は上がっても、県議に対してはあまり聞こえてきません。

民主党の田嶋要議員のツイートでは、(以下抜粋)
銚子市と印西市では、銚子市の人口の方が少ないのに、県議会議員の定数は銚子市は2名、印西市が1名。
常識的にはあり得ないことが、ずっと続いている。なぜか?
答えは簡単。銚子の2議席は自民党で占められているからだ。
身を切る改革は絶対にやらない、それが今の千葉県議会の鉄則だ。
(抜粋終わり)

と言っていました。
銚子の人口6万4878人で定数2、印西市の人口9万1487人で定数1。
なるほど、確かに印西市の方が人口が多い。
でも君津市も人口8万6731人で定数2です。
上記の田嶋議員の理論であれば、自民と民主が一議席づつ分け合っている君津市選挙区は定数削減ができる事になります。
※平成27年3月1日最新の市町村別人口
本当に民主党に身を切る改革が出来るか・・・楽しみにしたいと思います。

選挙中に私が興味を持ったニュースの一つは・・・(以下抜粋)

 千葉県議選の市原市選挙区に民主党公認で立候補した元同市議会議長の竹内直子氏(45)が、安倍晋三首相とのツーショット写真を掲載したチラシを支援者に配布し、同党県連から厳重注意を受けたことが4日、分かった。
 写真は、竹内氏が全国議長会の活動で安倍首相と面会した時のもの。議長時代の活動を報告するために支援者がチラシとして作製し、竹内氏自らも数十枚を配布した。

 その一部がインターネット上に出回ると、竹内氏の事務所には支援者から「なぜこのようなものを配るのか」といった問い合わせなどが数十件寄せられたという。
 千葉日報社の取材に竹内氏は「反省している。私の不徳のいたすところ」と陳謝。党県連の小西洋之選対委員長は「党や関係者に迷惑を掛けた」とし、厳重注意をした上で党本部にも報告したことを明らかにした。
(抜粋終わり)

今回の県議戦でも、民主党から高額の公認料を貰っていながら、ポスターに民主党マークを一切書かなかったり、連合推薦の表記を全くしないような候補者は他にもいます。
市民に「〇〇党ではないような印象を与える」というのは、商品でいう所の景品表示法違反に近いと私は思います。

ちなみに私は今どこの政党にも属していません。
Comment (-)

君津市選挙区は無投票。

千葉県議会議員選挙の君津市選挙区は無投票でした。
現職二名で確定しました。

他の選挙区でも無投票が多い事が報じられています。
有権者が一票を行使できない無投票。
東京新聞の記事より

鋸南町では前回の町議選が無投票でした。
君津市は今年の9月、市議選があります。
現在定数は24ですが、ご逝去や失職により事実上約三年半23人でやっている事になります。
しかし、今のところ定数削減には至っておりません。

このまま定数24人(木更津市と一緒)だと無投票になってしまうのではないかと思います。
君津市が今の定数24にしたのは12年前の平成15年6月。
この時の人口は92,583人。
現在(平成27年2月28日現在)の人口は88,006人。
その差はマイナス4,577人。

平成27年4月2日の選挙人名簿登録者数(有権者数)は73,081人。
人口に占める有権者の割合は、約83%となります。
平成15年から平成27年までに減少した人口4,577人×83%は3,798人。
つまり、前回定数を削減してから12年間で3,798人の有権者が減少したと考えられます。

前回の選挙結果を見ると、君津市議選の当確ラインは1000票ぐらいだと思われます。
3,798名もの有権者が減少しているのに、議員定数を減らさないというのはどうなのでしょうか?
議員の中でも賛否両論分かれていると思いますので、市民の方から「定数削減を求める陳情」などが出ると、より活発に議論が出来ると思います。
Comment (-)

3月議会が始まります。

23日から3月議会が始まります。
正式には平成27年第一回君津市議会定例会。

議案目録の案が君津市ホームページで公開されています。
議案目録(案)はこちらから。

予算を審査する重要な議会ですが、それ以外にも重要議案があります。
気になる点をいくつか・・・

・行政組織の改正、「政策推進室」を設置。
・非常勤の公務員扱いである「鳥獣被害対策実施隊」(報酬日額2000円)を設置。
・一般職の特殊勤務手当のうち、夜間特殊業務手当・変則勤務手当を廃止。
・ゴミ袋が単純従量制による有料化に。→しかし生活保護世帯への無料配布の予定なし。(今日現在)

「財政は大丈夫」と言って選挙を戦ったのに、ゴミ袋の有料化。
市長、副市長、議員の期末手当を増額しておいて、ゴミ袋の有料化。

大丈夫?
まだ選挙終わって三か月です。
Comment (-)

平成26年度第4回議会定例会が閉会。

12月議会は閉会しました。
ブログに書いてきた議員のボーナス増額議案は賛成多数で可決されました。
私と同意見だった方には謝りたいです。
力不足ですいません。


※年末で忙しい時期ですが、市民の皆様の意見を公募している案件が多くあります。
君津市役所ホームページの左側、「市民参加」という所をクリックしていただけるとわかります。
君津市、まちづくり意見公募。
お知り合いにも教えてあげてください。

※1月24日、人権問題講演会。魔女の宅急便のジジが来ます。
詳細はこちらから見れます。

※子育て世帯臨時特例給付金の申請期限は平成27年1月16日です!
忘れないように気を付けてください!
詳細はコチラ。
Comment (-)