君津市議会議員 すなが和良 アルパカ日記。

議員て実はこんな事してるんだぁー 、と感じてください。

スポンサー広告 > 今年最後の種まき。
農業 > 今年最後の種まき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

今年最後の種まき。

今日は今年最後の種まきでした。
育苗機に入るのが660枚なので、4回転させて約2600枚蒔きます。
今回がその4回目、三種類の種籾を蒔きます。
合鴨農法で作った自前のコシヒカリと、富山県産の無農薬コシヒカリ、もち米の「ツキミモチ」の3種です。
種類を変えるたびに機械をすべて掃除し、種籾が混じらないようにするので一苦労です。
小さなお手伝いさんも・・・。
フォークリフトでフレコンパックを吊り下げておくことで、ひと手間はぶけます。
三歳児でも苗箱ぐらいは入れられます。が、すぐ飽きます。(T_T)
燻炭を混ぜて使います。
苗床の土には燻炭を混ぜて使います。
燻炭を使う人は多いと思いますが、実は燻炭が原因となる火事も多いのです。
うちでは、燻炭がビシャビシャになるまで水をかけてから、ビニールハウスの中で広げて乾燥させます。
すこしでも熱があるうちに袋に入れたりすると火事の原因になりますので気を付けてください。
育苗機に入れていくのが大変。
で、この中に入れてスイッチを入れておけば完了。
子の苗を育苗機から出すまでに、今ビニールハウスに入っている苗を急いで植えなければなりません。
苗の成長に追われる形となります。

ゴールデンウィーク中は田植えがメインとなりそうです。
関連記事
スポンサーサイト
Comment (-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。